なぜ、食事で脱毛に悩まされるのか

食べ物と男性型脱毛症の因果関係を証明したものはありませんが、偏った食事を続けていたために抜け毛が多くなったり、髪のハリがなくなってしまったことはありませんか?

偏った食事により身体の健康が損なわれると、発毛は後回しとなって、髪は薄くなると言われています。

日々身体に取り込まれる食品は、健康と育毛を左右する重要なファクターと認識し、食生活を見直しましょう。

髪にいい食品はわからない。だけど・・・

「ワカメや昆布は発毛効果がある」

「リコピンを含むトマトは髪に良い」

などと巷では言われています。

しかし、特定の食品を摂取することにより発毛効果があるという話には、科学的な根拠がありません。

ただし、髪を健康に保つ為には、日頃から食べ物に気をつけることが大事です。偏った食事を続けることにより、成長期にある毛髪に障害をきたし、脱毛することがあるからです。

下記の点に注意しましょう。

① 塩分は9gまでに抑える

塩分を摂り過ぎると脱毛量を増やしたり、高血圧や動脈硬化のもとになってしまいます。
健康を守るために、1日に「摂ってよい」塩分の目安は男性で9gとされています。その為、塩分が多い麺類を控えたり、調味料は減塩のものを使用するようにしましょう。

ramen

ちなみにラーメン一杯には約6.5〜7gの塩分が含まれています。ラーメンを食べるなとはいいませんが、スープを飲み干さないようにしましょう。スープを半分残すだけでも、2〜3gの塩分をカットできます。

② 香辛料は入れ過ぎない

唐辛子、七味、ワサビなどは、摂り過ぎると皮脂の分泌が多くなったり、胃腸障害を起こしやすくなったり、フケが多くなったり、毛髪の成長を妨げてしまいます。摂り過ぎには注意しましょう。

karai

③ 脂っこいものはほどほどに

脂っこいものを摂り過ぎると、血液循環が悪くなり、毛髪の成長に必要な栄養の補給を阻害してしまいます。また毛穴のギトギト感も増すようになり、脂漏性皮膚炎という皮膚の炎症を引き起こしやすくなります。皮膚炎の悪化により、一時的に脱毛することもあります。

niku

④ 甘いものの摂り過ぎに注意

甘いものを摂り過ぎると、皮脂の分泌が増し、ニキビやフケが増えてきます。③と同様、脂漏性皮膚炎になりやすくなるため、注意が必要です。

糖分控えめの食品を摂るよう心がけましょう。また、清涼飲料水は極力控えましょう。ジュース1本に含まれる糖分は、20gを軽く超えるものもあります。

amai

育毛は、育毛剤だけに期待するのではなく、本人の手入れや上記のように食生活を注意することによって効果が上がりやすくなります。

デブ=ハゲ?

肥満と薄毛はかなり相関関係があり、「太れば太るほど、薄毛のリスクが増加する」と言われています。

その理由は・・・

肥満 = 必要以上に脂肪が取り込まれている状態

頭皮が脂漏性皮膚炎になりやすい

過剰な皮脂分泌が毛穴を防ぐ

脱毛しやすくなる

taijyu

また肥満は脱毛しやすくなるばかりか、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の発症リスクも高まります。食生活を改善し肥満を解消すれば、脱毛が減り、生活習慣病も防げ、さらにスマートな体型も手に入れることができます。一石三鳥ですので、食生活の改善に励まない手はありません!

ページトップへ