カラーやパーマは薄毛の原因・・・??

カラーやパーマは、薄毛の原因になると言われています。

 

最近では、様々なカラーリング剤が各メーカーから販売されています。

以前よりも簡単に、自分で髪の毛を染めることができるようになりました。

 

ただし、この薬剤が頭皮に刺激を与えてしまうのです。

ヘアカラーの最中に「しみる」と感じたことはないでしょうか?

薬剤に含まれる化学薬品や人工着色料が頭皮に付くと、地肌に刺激を与えて、炎症の原因となってしまうのです。

頭皮に炎症を与えてしまうことは、薄毛の原因を作ってしまうことになります。

 

パーマも、髪の毛に大きな負担をかけることが分かっています。

パーマをかける時は、薬品を使って化学反応を起こし、毛髪の構造を変化させます。

従って、髪の毛を痛める可能性が高いのです。

今ある髪の毛が傷んでしますと、これから生えてくる髪の毛にも影響してしまう恐れがあるのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

① カラーリング剤は頭皮に優しいものを使用する

一口にカラーリング剤と言っても、その種類は様々です。色々な特徴のものがあり、頭皮へのダメージが少ないものもあります。ちなみにブリーチはもっとも頭皮への影響が強く、使用は控えたほうがよいでしょう。

 

② カラーリング剤が頭皮に付かないようにする

できれば、ヘアサロンで染めてもらいましょう。
素人では上手に染めることができず、頭皮にカラーリング剤が多く付着してしまいます。
プロの美容師なら上手なのはもちろん、髪の状態を相談しながら染めることができます。

 

③ パーマをする時は髪を休ませる期間を作る

カラーリング後すぐにパーマをしたり、連続してパーマをかけない。
できるだけダメージを減らしましょう。

 

ページトップへ