ストレスと抜け毛の関係とは・・・??

 

ストレスはあらゆる健康を害する要因となりますが、抜け毛を増やす要因にもなります。

 

主な理由は、

① ストレスによって血管が収縮する

② ストレスによって自律神経が変調する

③ ストレスによって睡眠不足になる

④ ストレスによって活性酸素を急増する

 

 

① ストレスによって血管が収縮する

 

これはストレスによって栄養分が髪に行き渡らないことが関係しています。

ストレスによる緊張で筋肉が収縮して血管が細くなることによって、毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、毛髪が育たなくなるのです。

 

 

② ストレスによって自律神経が変調する

 

ストレスによって、自律神経に変調をきたすことがあります。

円形脱毛症の場合、ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、脱毛するのです。

 

 

③ ストレスによって睡眠不足になる

 

ストレスをためすぎると睡眠にも影響を与え、睡眠不足を引き起こすことがあります。

髪の毛は、夜寝ている間に成長します。十分な睡眠をとらないと、髪は育たないためすぐに抜けてしまう弱い毛髪になってしまいます。

 

 

④ ストレスによって活性酸素を急増する

 

ストレスを受けると体内にアドレナリンが分泌され、活性酸素が急増することがあるのです。

活性酸素は、頭皮に炎症を起こしてしまうことがあります。

これは活性酸素が頭皮の皮脂汚れを過酸化脂質にしてしまうからです。

頭皮に炎症を起こすことは、抜け毛の原因になります。

 

 

以上のように、ストレスは髪の毛にとって大敵です。

自分なりのストレス発散方法を見つけ、うまくストレスを回避しましょう。

 

ストレスをうまく発散することができれば、抜け毛・薄毛の進行も遅くなるでしょう。

 

 

ページトップへ