ダイエットで薄毛に・・・!?

ダイエットによって必要な栄養素が不足すると、抜け毛の原因になることがあります。

 

身体と同様に髪の毛が健康に育つためには、十分な栄養が必要になります。

過度なダイエットをすると、発毛・育毛に必要な栄養が髪の毛を作る毛根部に行き届かなくなってしまいます。

その結果、ツヤのない髪の毛になったり、抜け毛が進行します。

また、無謀な食事制限は精神的ストレスにもなり、抜け毛を促進してしまいます。

 

とはいえ、ダイエットをせず太ったままで良いと言うことではありません。

太りすぎは、生活習慣病の原因になります。

生活習慣病になると、血流が悪くなり毛母細胞に栄養が十分に行かなくなる可能性があります。

その結果、抜け毛が増えることもあるのです。

ですので、太っている方はダイエットが必要です。

 

ダイエットをして、かつ、抜け毛を減らす為にはポイントがあります。

食事制限をするにしても髪の毛に不可欠な栄養素(たんぱく質、ビタミンB、亜鉛・銅など)を取ることです。

 

具体的には、

・ タンパク質        大豆製品、魚、卵、鶏肉など

・ ビタミン類        野菜、果物類

・ 亜鉛・銅           牡蛎、ワカメ、ヒジキ、牛レバー、牛もも肉など

 

食事制限をしていても抜け毛を起こさないようにするためにも、バランスのとれた食事をすることが重要なのです。

 

ダイエットを気にするあまり抜け毛対策がおろそかにならないように注意しましょう。

 

 

ページトップへ