ヘルメットをかぶるとハゲるの・・・??

結論から言うと、

ヘルメットをかぶっていると、ハゲになる可能性は高まります

 

厳密に言うと、ヘルメットが悪いわけではありません。

悪いのは長時間の着用により頭皮が蒸れた状態になることです。

 

この蒸れた状態は、細菌にとって“絶好の繁殖場所”になり、毛穴に炎症を起こしやすくなります。

そしてこの炎症によって皮膚が腫れれば毛穴が塞がり、さらに細菌は増殖していきます。

このような状態が続くのは、毛根にとって決して良いことではありません。

 

このようなことから、ヘルメットをかぶっているとハゲになる可能性は高まるのです。

 

しかしヘルメットがハゲに対して、マイナス面ばかりというわけではありません。

屋外のスポーツや作業では、直射日光による紫外線から頭皮を守ってくれます。

直射日光による紫外線は、激しく頭皮を痛める可能性があるので、ヘルメットは必須なのです。

 

以上のことを考えると、屋外ではヘルメットを着用した方が良いのです。

 

しかし、ハゲ防止の為に次の点を注意しましょう。

① 通気性の良いものを着用する(穴があいているヘルメットなど)

② 汗をかいたらタオルなどで拭う(かぶったままにせず意識して換気を行う)

③ ヘルメットを蒸れたままにしておかない(休憩中などに清掃、乾燥させる)

④ 着用後、すぐに頭皮を清潔にする(シャワーをすぐに浴びるなど)

⑤ 蒸れ防止の対策をする(ヘルメットの中に保冷剤を仕込むなど)

 
 

ページトップへ