えっ!毛深いとハゲるは嘘!?

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

「毛深い男性はハゲやすい」とよく言われますよね。

じつは私も毛深いです。

腕なんかボウボウです。

結構コンプレックスで、脱毛しようかなと悩んでいた時期もあったぐらいです。

しかし、本当に毛深いとハゲやすいのでしょうか?

確かにフットボールの岩尾なんかは毛深くて、ハゲているけど・・・

 

男性ホルモンには身体を男らしくする働きがあります。

毛深さや筋肉のつき具合、骨格など男性特有の身体にさせる働きです。

毛深いと言うことはこの男性ホルモンが多いと言うことです。

男性ホルモンが多いとハゲそうですが、じつは、それだけではハゲないことがわかってきています。

 

ハゲる原因は、男性ホルモンが5α還元酵素Ⅱ型という酵素によりジヒドロテストロン(DHT)に変換されることと言われています。

このジヒドロテストロン(DHT)が薄毛、脱毛を引き起こします。

ですので、男性ホルモンが多くてもジヒドロテストロン(DHT)に変換されなければ、薄毛になることはないのです。

ちなみに私が服用しているプロペシア(ニュージーランド版)1mgは5α還元酵素Ⅱ型の働きを抑えることによって発毛を促します。

 

確かに胸毛ボウボウの人でもフサフサの人はいますよね。逆に、体毛が薄い人でもハゲている人はいます。

要するに、毛深いからと言ってそれだけの理由でハゲることはないのです。

私のように毛深くても諦めることはありません、

もしハゲてきても、それなりの対策を行えば薄毛の進行をとめることはできますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ