えっ!?ラーメンの食べ過ぎで抜け毛が・・・

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

「医食同源」という言葉があります。薬と食べ物とは本来根源を同じくするもので、日頃からバランスの取れた食事をすることで病気を予防し、治療しようとする考え方です。

 

実は「医食同源」は発毛にも言えることです。

「食品の◯◯に発毛効果がある!」という話には、科学的根拠が乏しいことが多いです。しかし、偏った食事を摂り続けることによって抜け毛が多くなったり、髪のハリがなくなってしまうことはあります。偏った食事により身体の健康が損なわれると、発毛は後回しとなって髪は薄くなると言われているのです。

 

私はラーメンが大好きで、町中のラーメンを食べ歩いていた時期がありました。仕事が休みの時は一日五食ラーメンを食べた日もあったほどハマっていました。

そんな乱れた食生活を続けていたある日、頭皮が無性に痒くなってきたのです。気になって鏡で頭皮を見てみると、頭皮がやたらとベタついて赤く炎症をおこしていました。痒いため頭に手が伸びてしまい掻いてしまうのですが、掻くとすぐに毛が抜けるのです。

怖くなって、すぐに皮膚科に受診しました。皮膚科では特に病名を知らされることはなく、塗り薬だけ処方されました。しばらくそれを塗り続けていたのですが、少し炎症が和らいだぐらいで良くなりません。

ラーメンの食べ歩き以外に生活に変わったことはなかったので、「ラーメンのせいかな?」と思い、それからラーメンを控えるようにしました。

すると、頭皮のベタつきや炎症が治り、それに伴い抜け毛も減ってきたのです。

「食生活と脱毛は関係があるんだなぁ」と実感した出来事でした。

 

育毛剤も大切ですがそれだけに頼らず、バランスのとれた食生活を心がけましょう。そうしないと私のようにひどい目に遭いますよ(笑)

食生活の注意点はなぜ、食事で脱毛に悩まされるのかに詳しく書いています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ