そうだったのか!デブにハゲが多いワケ

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

「デブでしかもハゲ」

女性に嫌われる外見ナンバーワンですよね。

テレビドラマの中でも「デブでしかもハゲ」の人は、たいがい冴えない役柄です。

 

「デブでしかもハゲ」にはなりたくないと思っているのですが、なぜデブでハゲの人が多いのでしょうか?

デブとハゲの間には、なにか相関関係があるのでしょうか?

 

実は「太れば太るほど薄毛のリスクが増える」のです。

 

まず太っていると頭皮から過剰の皮脂が分泌されてしまいます。過剰分泌された皮脂は毛穴をふさいでしまい、髪の毛が抜けやすくなるのです。

 

また太っているとコレステロールが高くなりやすく、血液がドロドロになります。血液がドロドロだと血行不良を起こしやすく、脱毛を起こしやすくなるのです。

 

このようなことからデブとハゲは相関関係にあり、「デブ=ハゲ」はあながち間違いではないのです。

 

私たち薄毛世代は、すぐに太ってしまう年代です。

なんとかハゲでデブの二重苦にはならないようにしないといけませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ