そうだったのか!増毛と植毛の違い

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

薄毛をなんとかする方法として、手っ取り早いものとして「増毛」「植毛」があります。

「無料増毛体験実施中!」

CMでよく聞く言葉です。

また「自毛植毛」は日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインでも高い評価を得ています。
(一番高い評価を得ているのはプロペシアとミノキシジル(カークランド(Kirkland)5%)です)

 

この「増毛」「植毛」なんですが、違いをはっきり理解している人はどれぐらいいるでしょうか。

「増毛と植毛って何が違うの?」と思いませんか。

今回はその違いとそれぞれのメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

 

増毛とは

今ある髪の毛に人工毛髪を取れないように結びつける方法です。
1本の髪の毛に人工毛髪をたくさん紛れ込ませることによって毛髪量を見た目上で増やすことができます。

メリット
・一度行うことで一気に髪の毛を増やす事ができる
・カツラよりは自然

デメリット
・月に1、2回メンテナンスのためクリニックなどに通う必要がある
・メンテナンスは専門家の手作業のためお金がかかる

 

植毛とは

頭皮に直接、自分の毛や人工毛髪を植えつけて毛髪を増やす方法です。
自毛植毛の場合は上手く定着すると普通の髪の毛のように生えていきます。
植毛は医療行為となるため、ヘアケア専門の医師が手作業で髪の毛を植えつけます。

メリット
・上手く定着すれば自分の髪の毛として一生伸び続ける
・仕上がりが極めて自然である
・処置後のメンテナンスが必要ない

デメリット

・頭皮が炎症などの拒否反応を起こす可能性がある
・医師による手術なので費用が高額になる
・医師の技術により仕上がり具合が変わってくる

 

「増毛」や「植毛」は、超短期間に毛髪量を増やす方法としては最適です。
しかし、それなりの費用やリスクも伴います。

私は「増毛」「植毛」反対派です。
なぜなら、しっかりした知識をもって適した発毛剤を選び、育毛に良い生活環境を心がければ髪は生えてくるものです。
増毛で誤摩化したり、植毛のような医療行為を受ける必要はありません。

このblogで強い髪を作る方法をお伝えします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ