そうだったのか!育毛剤と発毛剤の違い

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

巷には色々な育毛剤や発毛剤があります。

薄毛で悩むの私たちにとってはなくてはならないものですが、この育毛剤と発毛剤の違いをはっきり理解している人はどれぐらいいるでしょうか。

「育毛剤と発毛剤って何が違うの?」と思いませんか。

ごっちゃになって使われていることもありますが、今回はその違いをお伝えしたいと思います。

 

まずは育毛剤です。

これは、今生えている毛を太く丈夫に成長させるためのものです。おもに脱毛を予防する効果のあるものと言われています。

脱毛を予防する効果はありますが、完全に薄毛が進行してしまっている人には効果が薄いかもしれません。

 

次ぎに発毛剤です。

これは、脱毛状態の毛穴から新しく発毛させる効果のあるものです。

発毛剤と呼ばれるものは厚生労働省の認可を受けているものが多く、中には医療用医薬品として扱われているものもあります。

 

補足として、養毛剤についても説明します。

これは毛髪や頭皮に栄養を与えることによって髪の健康を維持するものです。毛髪や頭皮に適度な潤い与えてダメージから守ったり、傷みを修復する効果が期待できます。医薬品と言うよりどちらかと言うと、化粧品の部類に入ります。

 

まとめると、「育毛剤」は今ある髪に影響を与え脱毛予防を行い、「発毛剤」は新しく生まれてくる髪に影響を及ぼすと言えるでしょう。

 

現在、売られているヘアケア商品のほとんどは育毛剤や養毛剤です。

しかし、ハゲに一番効果的なのは「発毛剤」です。

なんと言っても、新しく髪の毛を発毛させる効果があるのですから。

私がおすすめする「発毛剤」はプロペシア(ニュージーランド版)1mgカークランド(Kirkland)5%
です。

この二つの発毛剤は専門医も使用しているほど有効な薬です。

 

育毛剤と発毛剤の違いをお伝えしましたが、現在は同じような意味合いで使われていることもあります。育毛剤なのに発毛剤と言われたり、またその逆もあるようです。

しかし、薄毛を克服しようとするなら、今回お伝えした基礎的なことは知っておいた方がいいです。

育毛剤や発毛剤、養毛剤を使いたいときに、上記の事を知っておくことで自分が必要とするものが何なのかが分かるからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ