そうだったのか!?櫛での刺激は脱毛につながる!

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

「髪の毛よ生えてこい〜」そう祈るように、毎朝父は鏡を見ながら櫛でトントントンと頭皮を叩いていました。

当時、小学生だった私は「頭を叩けば毛が生えてくるんだ」と思っていました。

 

あれから二十数年。

父と同じ悩みを抱えることになった私ですが、櫛でトントントンと頭皮を叩くのは本当に効果があるのでしょうか。

昔は「育毛には刺激が必要」と言われていてこの方法が脚光をあびていましたが、実際はどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、櫛で叩くことは育毛どころか脱毛を促すこともあり、良くないようです。

頭皮に適度な刺激を与えることは良いことなのですが、櫛のように先の尖った物で行うと頭皮を傷つけてしまい脱毛につながる恐れがあるのです。

 

では、どのように刺激を与えればいいのかと言うと、指の腹を使って行うマッサージが一番良いと言われています。

指の腹なら頭皮を傷つけることなく、力も加減ができるので適度な刺激を与えることができるのです。

指腹マッサージは「このマッサージ法なら家のお風呂でサロンと同じ効果が得られます」で紹介しています。

今なお、「櫛でのトントントン」を行っている人は指腹マッサージに切り替えましょう。

 

「親父っ!櫛でのトントントンは今すぐやめるんだっ!!」二十数年前にタイムスリップできるなら教えてあげたいです(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ