ブラック企業ならハゲるしかない

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

「ブラック企業」

最近よく使われ始めた言葉です。

社員の残業時間が月何百時間を超え、その大半が手当無しのサービス残業であったり、明らかに達成不可能な営業目標を設定し、達成できない場合にはパワハラ、セクハラなどで肉体・精神的に追い詰める企業のことを言います。

 

薄毛で悩んでいて、自分の勤めている会社がこの「ブラック企業」に当てはまるなら、準備を整えてすぐに転職すべきです。

ブラック企業から受ける肉体・精神的ストレスは「育毛に悪い」というレベルではありません。下手をすれば過労死します。

 

プロペシア(ニュージーランド版)1mg
を服用したり、カークランド(Kirkland)5%を使用していても、ブラック企業に勤めていれば、効果はないでしょう。プロペシアやカークランド5%の効果を帳消しにするほどの負の影響力があるのです。

人は肉体・精神的ストレスを受けると、その対処にグルココルチノイドというホルモンを分泌します。このホルモンが分泌されると、髪の育成にかかわる成長ホルモンが減少し、抜け毛が促進されると言われています。

 

あなたの職場は大丈夫ですか?

もしブラック企業なら、もうハゲるしかないですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ