プロペシアとリアップの併用はお金がかかる・・・大丈夫!この節約術なら

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

薄毛改善のためにプロペシアとリアップを併用したいと考えているあなた!

あなたのその考えは正解です。

 

このblogでもお伝えしていますが、この二剤は男性型脱毛症治療のガイドラインで最高評価を得ていて、言わば育毛剤のツートップです。効果がとても高く二剤併用なら相乗効果も期待できます。

 

しかし、この二剤の併用はとてもお金がかかるんです・・・。

プロペシアが約10,000円/月(病院を受診して入手する場合)

リアップが約7,500/月

二剤併用で年間約20万円もするんです!!

「アベノミクスで好景気!」なんて騒がれていますが、給料が上がっているのは大企業だけですよね。

給料が上がらないので、勿論、私たちの小遣いも上がりません。

小遣いが上がらないのに、年間20万円の出費はかなり痛い・・・と言うか私は無理です。
(私は自分の小遣いから薄毛治療の費用を出さなければいけないんです・・・(痛))

もし仮に20万円出せたとしても、私の場合は「20万もだしている・・・」という精神的プレッシャーで余計ハゲそうです(笑)

 

そこで私はある節約術を行っています。それは個人輸入+ジェネリック医薬品です。

個人輸入なら、国内で入手するのに比べ格安で手に入れることができるんです!

しかも効能効果が同じであるジェネリック医薬品を購入することもできるんです!!

実際、私はプロペシアはジェネリック医薬品であるフィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mgを、リアップはジェネリック医薬品であるカークランド(Kirkland)5%
を購入ています。

個人輸入は業者の選び方など注意点もありますが、普通のネットショッピングのように気軽に購入することができます。(業者の選び方はプロペシア個人輸入代行おすすめランキングに詳しく書いています)

 

プロペシアとリアップの併用を経済的な理由で諦めている人には、個人輸入+ジェネリック医薬品の節約術はおススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ