残業=ハゲる。なんとが残業をなくそう

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

先日のblogで「ワークライフバランス」は育毛にとって大切だとお伝えしました。

しかし、「仕事が忙しくてそんなこと言ってられない」と言う人もいるでしょう。

そんな人の為に、残業を減らす方法をお伝えします。

 

① 他の人に任せる

中間管理職などで責任感の強い人や仕事ができる人は「誰かに任せるより、自分でやった方が早い」と考え、仕事を抱え込みます。

しかし、自分が抱えている業務で、部下や外部に委託できるものは、迷わず委託して、残業を減らしましょう。

stless22

 

 

② 今一度、無駄な事はないか考えてみる

「労働時間の二割は、する必要がないことに費やされている」という米国企業を対象にした調査結果があります。

一度自分の仕事内容の是非を細かくチェックし、やっていることに無駄があれば思いきって切り捨ててみましょう。きっと残業時間は減るはずです。

stless23

 

③ 早朝に仕事をする

疲労が蓄積しやすい残業ではなく、早朝に出勤し仕事をしましょう。早朝出勤は、夜遅くまでの残業よりはるかに合理的です。

stless24

始業時間より早くに自主的に出勤し、まだフレッシュな気分で脳も冴えているうちに仕事にとりかかれば、とても効率的に仕事をすることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ