海外製プロペシアVS日本製プロペシア/私が個人輸入を始めるまで⑥

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

そのプロペシア、本当に大丈夫ですか?/私が個人輸入を始めるまで⑤からの続き

 

「やはり海外医薬品っていう響きがこわいよなぁ・・・外国製は安心できないし・・・」

プロペシアを個人輸入された方の口コミを見て少し安心した私でしたが、生来からの臆病者なので、まだ海外医薬品の個人輸入に対して不安がありました。

 

そこで、海外製と日本製のプロペシアで何が違うのか調べました。

 

まず一つ目にメーカーが違うことがわかりました。

海外のプロペシアは、メーカーがメルク(Merck)社でした。

日本のプロペシアは、メーカーがMSD株式会社でした。

 

しかし、MSD株式会社はメルク社の子会社である為、海外製も日本製も成分的には全く同じようでした。

 

二つ目に、価格が違うことがわかりました。

海外製プロペシアはアメリカ製やイギリス製、ニュージーランド製があるようですが、それぞれ価格が違いました。

また日本製プロペシアの価格は、自由診療なので決まっておらず、病院や薬をもらう調剤薬局によって違うようでした。

 

海外製と日本製のプロペシアの違いはこの二点だけのようでした。

 

「違いがこれだけなら、海外製のプロペシアを購入しても問題ないなぁ」と私は思いました。

 

続きは詐欺に合わない個人輸入代行業者の選び方/私が個人輸入を始めるまで⑦

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ