知らなきゃ怖い毛やせの原因!太さが半分になると毛量は1/4に!

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私と同じ薄毛世代の方は、仕事も忙しい世代だと思います。

残業続きでストレスがたまったり、睡眠不足が続いたりすることもあるかもしれません。

 

しかし、そんな時は要注意です。

「今まで太かった抜け毛が細くて短いものになっていませんか?」

「髪のボリュームとコシがなくなってませんか?」

 

髪の毛は、色々な原因で細くなることがあります。

この「毛やせ」ですが、実は髪の太さが半分になってしまうと、毛量が1/4になってしまうのです!毛量が1/4になると、見た目が悲惨な状態になってしまいます。

ですので、「毛が痩せてきたなぁ」と感じた時は早急に対処しなくてはいけないのです。

 

毛が痩せてくる原因は色々ありますが、原因となるべき問題を解決できれば元の太さに戻ることが多いです。

 

まず、ストレスは髪に大きな影響を与えます。強いストレスを受け続けると、成長ホルモンと呼ばれる髪の育成にかかわるホルモンが減少し、髪が痩せていきます。

ストレスを無くすことは難しいことですが、その対処法はあります。詳しくはストレス社会だからこそ、その対策をに書いています。

 

また睡眠不足も毛やせの原因となります。人は眠っている時に、成長ホルモンが多量に分泌されます。睡眠不足は成長ホルモンの分泌を減らしてしまうため、毛やせを引き起こしてしまうのです。詳しくは遅寝遅起きについての驚きの真実に書いています。

 

カラーリング剤やパーマ剤、ドライヤーのあて過ぎなども毛やせの原因となります。これらは髪にダメージを与えキューティクルを壊し、弱い髪にしてしまいます。刺激の強いカラーリング剤やパーマ剤を控え、ドライヤーはあて過ぎないようにしましょう。

 

髪が痩せていないかの確認は、抜け毛をチェックすることです。

痩せている毛は、ヘアサイクルが短くなって育ちきらないうちに抜けてしまいます。その為、短く先端が細くてとがった状態で抜けます。

抜け毛が短くとがっていないか」をチェックしましょう。

 

このような抜け毛が多い時は、生活習慣、髪に使用しているものを改善し、しっかりと対策をしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ