私がプロペシアの個人輸入を始めたワケ

こんにちは、ヒロです。

今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

 

このblogで何度もお伝えしていますが、私は個人輸入でプロペシア(ニュージーランド版)1mgを購入しています。

そこで今回は私が個人輸入をお勧めする理由をお伝えします。

 

まず結論として個人輸入には次のような3つのメリットがあります。

①価格が安い
②病院に行かなくてもよい
③誰にも知られず購入できる

 

①価格が安い

私が個人輸入を始めた一番の理由です。
病院に受診して処方してもらう金額のおよそ半額でプロペシア(アメリカ版)1mgを購入することができるのです。
プロペシアのジェネリックのフィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mgなら更に安く十分の一程度の金額で購入することができます。
プロペシアは生涯にわたって服用する必要があるので、経済的なことはとても重要なのです。

 

②病院に行かなくてもよい

私もそうですが、薄毛世代の人は仕事もそれなりに忙しいと思います。忙しい中、病院に行く時間を作るのは大変ですし面倒です。その点、個人輸入なら自宅に郵送されてくるので、病院に行く時間を作らなくても大丈夫なのです。

 

③誰にも知られない

薄毛の為に病院にかかるというのは、とても恥ずかしいものです。私が病院でプロペシアをもらっている時は、医療関係者や病院の患者に知り合いがいたら嫌だなと思っていました。個人輸入なら誰にも知られることはないので、こういうことも気にする必要はないのです。

 

このようなメリットがあるので、私は個人輸入でプロペシアを購入しています。

しかし、メリットだけでなくデメリットもあります。それは個人輸入は「全て自己責任になる」と言うことです。副作用などがでても国の保障がありません。

ですので、最初は病院にかかりプロペシアを処方してもらって、副作用がでないか確認するのがいいと思います。そして、数ヶ月服用して副作用がでなければ個人輸入に切り替えればいいのです。

 

個人輸入と聞くと敷居が高いように感じられますが、手間で言うとネットショッピングと同じです。ネットで物を購入したことがある人なら、個人輸入もできます。私がそうでしたから。

 

病院でプロペシアを処方してもらっていて何か不便を感じているのなら、個人輸入も一つの選択肢に入れてみてもいいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ