男性の薄毛の原因とは・・・??

 

男性の薄毛はいったい何が原因なのでしょうか?

 

薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。
 
① 男性ホルモン

② 遺伝

③ 精神的ストレス

④ 食事・生活習慣
 
これらの原因が複雑に絡みあった結果、薄げになっていくのです。

 

 

① 男性ホルモン

「男性ホルモン(テストステロン)」は「5-αリダクターゼ」という酵素によって、「DHT(ジヒドロテストステロン)」というより強力な男性ホルモンに変換されます。

「DHT(ジヒドロテス トステロン)」は、毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体に作用して脱毛を効き起こす物質を生み出し、髪の毛の成長期を早めてヘアサイクルを乱し、男性型脱毛症を引き起こすと言われています。

 

② 遺伝

薄毛には遺伝的要素が大きく関係していると言われています。

「薄毛は遺伝する」と言われるのは、「男性ホルモン(テストステロン)」から「DHT(ジヒドロテストステロン)」への変換に関与している「5-αリダクターゼ」という酵素が多く生成される体質が遺伝する為ではないかと考えられています。

 

③ 精神的ストレス

精神的ストレスは、自律神経やホルモンバランスを乱し、血流を悪化させます。

血流が悪化すると、毛根に栄養分を十分運べない状態となり、薄毛が進行します。

 

④ 食事・生活習慣

毛髪のほとんどは、ケラチンというタンパク質でできています。

そのためタンパク質が不足すると健康な毛髪が育たずに、抜け毛の原因となります。

自分の好きなものばかり食べたり、コンビニ弁当や外食が多い人は、栄養が偏りやすいので注意しましょう。

ページトップへ