育毛剤が効かないのはなぜ・・・?

 

最近は育毛・発毛技術も進化しているため、育毛剤の効果が年々高くなっています。

しかし、一方であまり効果がない、薄毛が改善されないと悩んでいる人がいるのも事実です。

育毛剤の使用感には個人差があるとは言え、なぜ効く人と効かない人にわかれてしまうのでしょうか?

育毛剤の効果が薄いと感じる人の共通点として、以下の四点が見うけられます。

 

1.  頭皮に炎症、かぶれなどがある

2.  食生活が乱れている

3.  育毛剤の試用期間が短すぎる

4.  精神的なストレスを抱えている

 

 

1.  頭皮に炎症、かぶれなどがある

 

薄毛に悩む方の約80%の頭皮に何らかの炎症や異常が見られるとされています。

髪は頭皮から生えてくるものなので、育毛・発毛には頭皮の健康は欠かせません。

特に髪の根っこである毛根が弱っていると、発毛力が衰えて細くて抜けやすい毛しか生えてこなくなります。

そして、やがては発毛自体がストップしてしまいます。

毛根が弱る原因はさまざまですが、一番多いのは頭皮の炎症です。

頭皮が乾燥したり、逆に皮脂が過剰に分泌されて毛穴に詰まったりすると、頭皮がかぶれて炎症を起こしてしまいます。

炎症は頭皮だけでなく、毛根にまでダメージを与えるので、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

このような状態で育毛剤を使用しても目覚ましい効果をあげられないばかりか、育毛剤の種類によってはますます炎症を悪化させてしまう危険があります。

頭皮に炎症やかぶれなどの症状がある場合は、まず、頭皮の状態を正常に回復させてから育毛剤を使用するようにしましょう。

多くの場合、無添加の育毛剤や、アミノ酸系の育毛シャンプーを使うと頭皮にやさしく効果的です。

 

代表的な無添加育毛剤 → 発毛育毛ミスト[M-1]

代表的なアミノ酸系の育毛シャンプー → ウーマシャンプー

 

 

2.  食生活が乱れている

 

薄毛の原因のひとつに、栄養不足があります。

偏った食生活や無理なダイエットにより、毛根は発毛に必要な栄養素を確保できなくなります。

発毛に必要な栄養素を確保できなくなった毛根からは、髪が生えてこなくなります。

育毛剤の中には発毛に必要な栄養素を含むものもありますが、あくまで補助的なものであり、基本は食事などから摂取する栄養素によるところが大きいのです。

発毛に必要な栄養素をきちんと摂るために、食生活の改善を心がけましょう。

食事で補いきれない時は、栄養素を含んだ育毛サプリメントを併用すると効果的です。

 

代表的な育毛サプリメント → Hatto

 

 

3.  育毛剤の試用期間が短すぎる

 

育毛剤は、1ヶ月や2ヶ月の使用で効果がでるものではありません。

「何となく生えたきたかな〜」というレベルで効果を感じることはあるかもしれませんが、それを確信に持っていくまでは少なくとも半年から1年以上はかかるでしょう。

そのため、まずは半年から1年ほど、じっくりと時間をかけて育毛改善をしていく気持ちが大事です。

 

 

4.  精神的なストレスを抱えている

 

ストレスは日常生活において避ける事が難しいですが、過剰なストレスは薄毛の原因になってしまいます。

ストレスにより髪の毛への栄養が阻害されたり、ホルモンバランスが崩れたりして、毛根にダメージを与えてしまうからです。

その為、適切にストレスを発散しましょう。

ストレスを発散する手軽で最も良い方法は軽いジョギングやウォーキングです。

運動によって体に負荷をかける事によってストレスは発散されます。

 

 

ページトップへ