脱毛症ガイドラインで発表、推奨度Aのフィナステリド

爆笑問題脱毛治療薬 「お医者さんに相談だっ!」
「AGAで検索っ!」

お笑い芸人の爆笑問題が、このように受診をすすめる万有製薬のCMを見たことがない方はいないでしょう。

CMでは名称がでてきませんが、これは商品名:プロペシア、つまりフィナステリドを勧めているのです。(プロペシアの成分名がフィナステリドです)

なぜフィナステリドが、CMで紹介されるようになったのでしょうか。

それは、2010年4月に日本皮膚科学会が「男性型脱毛症診療ガイドライン」を発表したからです。このガイドラインの中で、フィナステリドが治療推薦度として、最高ランクの推奨度A「行うよう強く勧められる」に選ばれたのです。他の育毛剤は、軒並み推奨度C1「考慮してもよいが十分な根拠がない」と厳しい評価を受けています。( 発表、今年一番人気の育毛剤はコレ で紹介している育毛剤も推奨度Aです)

要するに育毛剤の中で唯一、日本皮膚科学会のお墨付きを得ているのがフィナステリドなのです。

フィナステリドは2005年10月に厚生労働省の許可を得て、プロペシアの商品名で発売されました。

国内で行われた3年間の効果判定試験では、

脱毛症ガイドライン 服用開始1年後 ・・・ 58%の方に「改善」が認められた
服用開始2年後 ・・・ 68%の方に「改善」が認められた
服用開始3年後 ・・・ 78%の方に「改善」が認められた

 

つまり3年間服用を続けると、80%近くの人に「髪の毛がやや増加」する現象が見られたのです。また、この試験では、3年間続けて服用した方の98%は、男性型脱毛症の「進行」が認められなかった、という結果もでています。

飲む育毛剤 このような結果から、フィナステリドは世界でも類をみない「飲む育毛剤」として、その実効性の高さが認められ、現在は六十以上の国の保健期間が認可するまでになっています。

男性型脱毛症による脱毛は次の通りです。男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭細胞内に入ると5α還元酵素Ⅱ型により、ジヒドロテストステロンに変換され、これが薄毛、脱毛を引き起こします。

フィナステリドは、5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻害し、発毛作用を示すものと考えられます。

その為、ジヒドロテストステロン以外の要因で薄毛になっている方には、フィナステリドは無力です。

また、試験結果からもわかるように、すべての方に効果があるわけではありません。しかも半年から1年飲み続けないと効果がわかりませんので即効性を期待される方には、お勧めできません。(即効性のある育毛剤が存在するのかわかりませんが・・・)

しかし、逆を言えばジヒドロテストステロンが原因の薄毛には絶大な効果を発揮します。その為、何をおいても最初にトライすべき「特効薬」にちがいありません。

honnin 「私は今まで、インターネットで情報を探しまわっては、数ある育毛剤を使ってきました。しかし、『一時も無駄な時間を使いたくない。だから一番信頼ができる育毛剤を使おう』と考え、フィナステリドの服用をはじめました。

飲み始めて、一年。フサフサまではいきませんが、頭のてっぺんの地肌が少しずつ隠れはじめました。

フィナステリドを服用される方は、飲み始めたら一年間はとにかく続けて変化を見てほしいです。効果を実感できるはずです。」

(私の個人的な感想です)

フィナステリドを購入するには、2つの方法があります。

1つは、爆笑問題がCMでも言っているように病院に受診し、主に皮膚科医の診断を受けた上でプロペシアを購入する方法です。

日本ではプロペシアを用いた男性型脱毛症治療は保険適用外の為、全額自己負担になっています。その為、診察料などを加えると1ヶ月分で約1万円ほどかかります。しかも時間を作り通院し、院外処方ならば病院の外にある薬局まで行かなければいけません。

プロペシア病院購入

2つ目の方法は、海外で発売されているフィナステリドを個人輸入で購入する方法です。

個人輸入なら、価格が安いジェネリック医薬品を購入することも可能です。(高橋英樹さんや黒柳徹子さんのCMでお馴染みのジェネリック医薬品は、同じ成分で製造され同じ効果が期待できる上、より安い価格で購入することができます)

プロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mgなら、1ヶ月分約1,000円で購入できます。(価格は為替の変動で変わることがあります)

プロペシア1mg(病院受診) プロペシア(ニュージーランド版)1mg フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg
1ヶ月分の料金 約10,000円 5,737円 約1,000円

(価格は為替の変動で変わることがあります)

しかし、「個人輸入」「海外医薬品」と聞くと、不安を覚える方が多いのではないでしょうか?

Q : 「個人輸入なんて行っても大丈夫なの?」

A : 海外医薬品の個人輸入は、個人使用に限定し日本の法律で認められています
厚生労働省のHPに記載されています)

Q : 「海外医薬品は偽物が出回っているのでは・・・?」

A : 確かにネット上では偽造薬・粗悪品が少なからず流通しています

個人輸入は「何が起きても全て自己責任になる」ので、偽造薬・粗悪品を服用してしまうと大変です。

これに関しては、信頼できる個人輸入代行業者を選び、正規品を購入すれば大丈夫です。(個人輸入は手続きが非常に複雑で面倒です。この面倒な手続きを代行する会社が個人輸入代行業者です。)

信頼できる個人輸入代行業者を選ぶ5つのチェックポイント!

① メーカー正規品のみ取り扱ってるか

② 販売実績が長い

③ セキュリティ体制は万全か

④ サポートはしっかりしてるか

⑤ 理不尽な価格設定になっていないか

私がお勧めなのは「オオサカ堂」です。

「オオサカ堂」は、HPに右記のような専門機関の成分鑑定書を公開しており、信頼が持てます。また、販売実績が10年以上と長く、SSLシステムにてカード番号などを暗号化しているのでセキュリティ対策も万全です。しかも電話・メール・FAXでの問い合わせにも対応しています。 propecia

「くすりエクスプレス」は、メーカーまたはFDA認証商品を取り扱っており、100%正規品であることを保障しております。医師や医療機関を始め、5万人以上のお客の商品を手配代行しているのも信頼が持てます。また「オオサカ堂」と同様SSLシステムにてカード番号などを暗号化しているのでセキュリティ対策も万全です。

2社とも取り扱い商品は同じです。ホームページを閲覧し、自分がいいなと思う業者を利用すればいいと思います。もしくは、他にも個人輸入代行業者は数多くあるので、自分が気に入ったところを利用してもいいでしょう。

私は、「オオサカ堂」の方が若干安く(業界最安値レベル)、レビューが数多く記載されている(600件以上)ので、「オオサカ堂」を利用しています。

最後にフィナステリドの個人輸入の注意点をお伝えします。

フィナステリドには、副作用は一般的に少ないと言われていますが、かなり稀に肝機能障害を認める方がいます。その為、肝機能に不安のある方は、病院に受診し医師の診断を受けた方が良いでしょう。

また、フィナステリドを個人輸入し服用後、調子が悪くなったり、身体に異変を感じたら迷わず病院に行きましょう。

フィナステリドに限らず海外医薬品を個人輸入する際には「何が起きても全て自己責任になる」ということだけは肝に銘じておきましょう。

ページトップへ